葬儀の流れ。NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

HOME > 葬儀の流れ

TOP
大阪家族葬ドットコム
 (関西 家族葬実例)

関東版(葬儀費用実例)
関西版(葬儀費用実例)
家族葬専門サイト(東京)
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

【関東版】葬儀費用研究会

 

【東 京】家族葬専門サイト

葬儀場・葬儀社・葬儀屋|大阪

 



まぐまぐ

Powered by

 


葬儀の流れ
もしもの時は、NPO法人 葬儀費用研究会へご相談ください。
フリーダイヤル0120−88−5942

■危篤 ■ご臨終 ■死亡届・死亡通知 ■納棺 ■お通夜の準備 ■お通夜 ■お通夜の後 ■葬儀・告別式の準備 ■葬儀・告別式 ■出棺・火葬 ■直後儀礼 ■納骨


危篤

危篤の状態になると、家族は息のあるうちに、会わせたい人へ連絡を取るようにします。 危篤を知らせる範囲としては、一般に危篤を知らせる範囲は、家族、三親等までの近親者、 親しい友人、知人といわれています。しかし、これは目安ですから、本人が会いたがっている人、 家族がどうしても会わせたい人がいれば、優先させるべきでしょう。


ご臨終

医師に死亡を確認してもらい、死亡診断書を書いてもらいます。 ご臨終の時を迎えて、末期の水・湯灌 ・死化粧 親戚や友人へなるべく早く知らせます。深夜や早朝だったら、「こんな時間に申し訳ございません」と ひとこと添えることも忘れずに。勤務先や団体などへは、葬儀の日程などが決まってから連絡します。 窓口になる担当者に連絡し、後のことはおまかせすればよいでしょう。 町内や団地などから、世話役が選出されることになっているなら、なるべく早めに連絡しておきます。 また、菩提寺がある場合は早急に僧侶に連絡し、葬儀日程などについて相談します。 死亡連絡で伝えるべき内容は、●死亡日時と要因 ●享年 ●通夜、葬儀の日程です。


死亡届・死亡通知

死亡届は、死亡診断書と左右一対になっております。死亡確認後7日以内に市区町村役場の戸籍係に死亡診断書と一緒に提出します。

死亡届は親族などの手で提出する事が戸籍法で定められています。ただし知人や葬儀社などの代行も認められています。死亡診断書は、死亡を確認した医師に書いてもらいます。自宅や病院で亡くなった場合、死亡の24時間前までに診療を受けていれば、それまで診療にあたっていた医師が作成します。また、医師に見守られて死を迎えた場合、あるいは病院に運び込まれたあとに死亡した場合で、死因が明らかなときは臨終に立ち会った医師が作成します。

死亡診断書の料金は病院によって異なります。事故死、変死、自殺など自然死ではない時は、警察医の検死や司法解剖が必要となります。この場合は警察医が作成した死体検案書を死亡届に添付します。なお死亡診断書の用紙は病院や葬儀社、死体検案書は検死官が用意します。


納棺

宗派・地域により違いはありますが、仏式では、枕経が終わってから納棺をするようです。納棺は遺族を中心に親族の手で、葬儀社の指導のもとに行うことが多いようです。


お通夜の準備

遺体の安置が一段落したところで、葬儀社の人と葬儀の日程や段取りについて打ち合わせをして、具体的な日程などを決定します。葬儀の日程を決める際は、遠方の親戚や関係者の到着時間、死亡通知状配達時間なども考える必要があります。

お通夜の前に決めること
・喪主を決める
・世話役と諸掛を決める
・他の弔問客の迎え入れや会場整理などを担当する諸掛を決める
・世話役代表・会計係・受付係・会場係 ・接待係・進行係など

お通夜・葬儀に必要な用具や什器も用意しておきましょう。
・遺影写真・神棚封じ・祭壇の設営・外回りの整備・供花・供物・花環の並べ方・遺族の服装


お通夜

葬儀の前夜、家族、親戚、知人が集まって、夜を徹して死者の霊を守り、慰めるのが通夜です。

通夜とはもともと「夜通し」の意味で、「夜伽(よとぎ)」ということもあります。通夜には、死亡当日の夜に遺族や親族だけで行う仮通夜と、一般の弔問客を迎えて行う本通夜があります。本通夜は冬季は午後6時、夏季は午後7時からというのが一般的です。

最近は1〜3時間ぐらいで終了する「半通夜」が主流です。通夜は、僧侶の読経によって始まります。ときには短い法話や戒名の説明をしてくれます。そのあと、喪主以下、順番に焼香をすませます。祭壇には供花を飾り、ろうそく、線香は絶やさないようにします。僧侶に読経をしてもらったあと、参列者が焼香をして故人の冥福を祈り、供養のための席を設けます。注意事項・香典の管理・葬儀の打合せ・世話役、諸掛への配慮など


お通夜の後

通夜振る舞いの用意と、 通夜式終了後も、弔問・お焼香に来られる場合が有りますのでその対応と、通 常は祭壇の線香と灯明の灯は消さないように、交替で寝ずの番をします。


葬儀・告別式の準備

告別式が始まるまでの準備として、親族焼香の順番、弔電披露の選別 、火葬場へ行く親族と残られる親族との選抜、友車への割振り、出棺の挨拶、遺骨回向及び初七日、精進落し料理の数などの準備をします。


葬儀・告別式

通夜の翌日が葬儀・告別式になります。現在では葬儀の後に引き続き告別式を行うことが多くなっているようですが、もともと葬儀と告別式はまったく異なった意味合いをもつ儀式です。

葬儀とは、経を読むことで故人が無事にあの世へといけるように悟りを授け、故人の冥福を祈る儀式です。本来は遺族や親族、友人などごく親しい身内の人たちだけでとり行うものです。告別式は、近親者だけでなく、故人と関わりのあった人たちが故人と最後のお別れをするためのもの。しかし、一般参列者も葬儀から出席することがほとんどです。

主な葬儀の流れ
・遺族
・参列者入場着席
・僧侶入堂
・開式の辞
・僧侶読経
・引導
・遺族・近親者焼香
・僧侶退堂
休憩

告別式
・僧侶入堂
・開式の辞
・僧侶読経
・一般会葬者焼香
・僧侶退堂
・遺族代表謝辞
・最後の決別
・出棺


出棺・火葬

葬儀・告別式の閉式の後、最後のお別れ・霊柩車での火葬場へ出棺、火葬場にて、納めの式・火葬・骨上げ後、埋葬許可書をもらい、帰骨で葬儀が終わります。


直後儀礼

本来は故人が亡くなった日から数えて、七日ごとに改めて供養をし、七七日忌までの法事を行います。しかし、日を改めて親戚が再び集まるのは大変なので、還骨回向と初七日忌法要をいっしょにすませてしまうことがおおいようです。親戚や故人と親しかった友人・知人、葬儀の際にお世話になった人を招いて僧侶に読経していただき、その後、簡単な会食や茶菓子でもてなします。


納骨

納骨は初七日忌から四十九日忌までの法要のうち、都合のいい日に行えばよいでしょう、仏式では四十九日忌が最も多いようです。法要といっしょに行えば、僧侶への謝礼も一回ですみますし、親族や友人も何度も集まってもらわずにすみます。



今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

知って役立つ葬儀便利帳
葬儀関連姉妹サイト

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.