葬儀マナー「会葬者」 NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

関東版・葬儀費用例です。 関西版・葬儀費用例です。

HOME葬儀マナー葬儀マナー遺族編   葬儀マナー会葬者編





TOP
大坂家族葬ドットコム
 (関西 家族葬実例)

・ ・関西版(葬儀費用実例)
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
貸借対照表の公告
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

 



まぐまぐ

Powered by

 


[ 葬儀マナー遺族編 ]   [ 会葬者編 ]
死因を聞くのは失礼

故人の死因は、弔問者側からは聞かないようにしましょう。知らないうちに遺族を傷つけてしまう場合があるからです。


人に頼んで香典を渡す場合の作法

通夜や葬儀・告別式にどうしても参列できない場合、友人・知人・会社の同僚などに香典を預けます。預かった人が香典を渡す時は、預けた人の住所と名前を記帳し、代理と書き添えます


お悔やみの言葉の一般的な表現

「このたびは突然のことで、心からお悔やみ申し上げます。」、「このたびは、誠にご愁傷様でございます。」などと述べます。


葬儀での最低限のマナー

式場が自宅の場合、車で弔問するのはなるべく控えましょう。参列でのおしゃべりや場所を考えない喫煙は注意しましょう。また、携帯電話は電源を切るか、留守電にしておきましょう。


香典返しに礼状は必要

香典返しをいただいた時は、礼状を出す必要はありません。何かの折に、返礼品を受け取ったことを知らせるにとどめましょう。


弔辞での注意点とは

弔辞を書く時は「忌みことば」に気をつけます。たとえば、「たびたび」や「再び」などといった、重ね言葉や繰り返しを連想させる言葉に注意しましょう。


弔電を打つには

弔電は、一般的に電話115番で申し込みします。文例は、ハローページに載っていますので参考にしましょう。最近では、インターネットからも申し込みできます。 NTT東日本 http://www.ntt-east.co.jp/dmail/
NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/dmail/


平服でもいい

通夜や葬儀の前に取り急ぎ駆けつけるので,平服でいきます。平服では失礼だからと喪服を着るのは、かえって失礼です.遺族はまだ喪服を着ていませんから、そんなところへ喪服でいっては、死を予測して喪服を準備していたように思われかねません。

平服でいいといっても、くだけた遊び着や,派手な色の服は弔問にはふさわしくありません。地味な色の落ち着いた形の服を選びましょう。

女性は,アクセサリーをしないほうが無難です。特に宝石のついた指輪,ネックレス、イヤリング,ブローチなどは派手なので、必ず外してから出かけましょう。ただし、アクセサリーはいけないといっても、結婚指輪は別です。また、お化粧もひかえめにしましょう。薄化粧にとどめて口紅は目立たない色にします。髪型もふだんのままでなく、お悔やみに合ったスタイルにまとめます。


慎み深い行動

喪家には、血縁者やいろいろな弔問客が集まっています。また、喪主や遺族は故人の死を悲しみながら、応対に追われています。このことを十分に配慮して、慎み深く行動するのがマナーです。

喪家に駆けつけたら、まず遺体の安置されている部屋におもむきます。そして、遺族に一礼してから、お悔やみを言います.お悔やみを言い終わってから,弔問客同士で大きな声で話したり、遺族に故人の最後の様子を詳しく聞こうとするなどの行動は慎みましょう。

喪家に人手が不足しているようなときは、お手伝いを申し出て、遺族の手助けをします。世話役がいて取り仕切っているときは、その必要はありません。喪家とあまり親しいお付き合いの無い場合は、玄関先でお悔やみをいって、家には上がらず引き取ります。


長居をしないで日程を聞く

喪主や遺族は,故人を失ったショックと悲しみの淵にあります。また、故人が病死なら、亡くなるまでの看病疲れもあります。通夜,葬儀も控えています。そういう心理や体調にあるときに弔問客の相手をするのは、疲れをさらに増長させることになります。

弔問では、長居しないことが最大の遺族への思いやりです。お悔やみを言ったとき、お手伝いを頼まれたら残って手伝いますが、お手伝いをしないときは長居せずに引き上げます。

訃報を受けて、とりあえずの弔問に駆けつけ、お悔やみを言ったら、後は通夜にいき,葬儀に参列するので、辞去するとき、通夜と葬儀のスケジュールを確認します。

急いで駆けつけた場合は、血縁の世話役がまだ到着せず、今後の日程がきまっていないことがあります。そういう場合は、追って連絡がありますが、日程が決まっていたら、弔問に駆けつけたときに聞いておけば,後から連絡をしていただく手間が省けます。


故人との対面を請われたら

遺族から,ぜひ故人に最期のお別れをしてくださいと言われたら,故人の枕元に正座し、遺体に向かって一礼します。遺族が顔の白布をめくったら、故人としばし対面し、それから合掌して冥福を祈ります。対面が済んだら遺族に一礼し、後ろに下がります。

決して取り乱さず、静かに対面するのがマナーです。もし故人と対面すると泣いたり取り乱しそうであれば、その旨を遺族に言って辞退したほうがいいでしょう。

故人との対面は、遺族が弔問客に請うもので、弔問客のほうから申し出ることではありません。遺族から体面をすすめられないのに、対面したいと遺族に願い出るまえに遺族の気持ちを察する配慮がマナーというものです。


手伝い

お手伝いをするときは、出すぎたことをしないように配慮します。遺族や近親の世話役、あるいは町内会の役員や会社の葬儀担当などの支持に従ってお手伝いすることが大切です。男性は葬儀の準備を、女性は弔問客の接待や台所仕事を頼まれることが多いものです。

年長者は、葬儀全般の責任者である世話役を頼まれることがあります。葬儀社との交渉から葬儀の日程の決定、葬儀の進行などの指揮を取るのが世話役です.世話役を遺族から頼まれるのは信頼が厚いということです。その信頼に応えて遺族を支えます。初めての経験でわからないことがあるときは葬儀社に相談するといいでしょう。


故人が「変死」の場合

事件や事故など警察が関与した変死の場合は、会葬でなく密葬にすることが多いのですが、故人と非常に親しい関係であれば、遺族が連絡してくることもあります。変死の弔問で最も配慮しなければならないのは、遺族の気持ちです。突然の不幸に見舞われて、遺族の胸中は乱れに乱れているものです。遺族から訃報を受けて弔問にいったら、努めて平静を保つようにし、死因について聞くことは避けましょう。


代理人として弔問するとき

死亡の連絡を受けた本人が、入院や仕事の都合などで不在のときは、家族が代理人として弔問に行きます。代理人は配偶者か、あるいは成人に達していれば子どもでもいいのです。また、代理人は故人や遺族と面識がなくてもかまいません。喪家にいったら、代理人であることと、代理できた事情を簡潔に伝えて、お悔やみを言います。

代理人をたてられないときは、弔電を打ちます。そして後日、お悔やみの手紙を書き、弔問にいけなかった事情を書きます。本人も弔問にいけず,代理人もたてられないときは、電話でお悔やみを、と考えがちですが、喪家は取り込み中ですから、電話はなるべく避けたほうがいいでしょう。やむをえず電話をしても、遺族を電話口に呼び出すことは配慮に欠けます。



今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.