葬儀の後。NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

HOME > 葬儀の後手順


TOP
・大阪家族葬ドットコム
 
(関西 家族葬実例)

関東版(葬儀費用実例)
関西版(葬儀費用実例)
家族葬専門サイ(東京)
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

【関東版】葬儀費用研究会

 

【東 京】家族葬専門サイト

葬儀場・葬儀社・葬儀屋|大阪

 



まぐまぐ

Powered by

 


葬儀の後手順

■挨拶 ■勤務先の手続き ■生命保険等の受け取り ■本位牌・仏壇の準備 ■忌明け法要 ■相続の協議と名義変更 ■新盆・一周忌・年忌法要


挨拶

精進落としが終わり、一段落したら、お世話になった方へお礼や挨拶をします。これは、早いほどよいでしょう。遺族は初七日までにお世話になった人へ挨拶回りをします。

・香典返し 香典は、故人の冥福を祈って霊前に捧げると同時に、不幸に同情して贈る相互扶助的なものです。 ですから、本来は香典返しは必要ないのですが、【故人に対して、お返ししないと申し訳ない】という ことから今のような香典返しと言う習慣ができました。現在の相場では、お香典の1/2〜1/3と言う方が多いそうです。


勤務先の手続き

挨拶・故人の使用していた机等の整理をかね各種手続きを確認します。

・退職金の有無

・給与

・社内預金の有無

・社会保険関係

・健康保険(埋葬費の申請)

・献金保険(団体生命保険)

・厚生年金(遺族年金)年金手帳の添付

  故人が国民年金に加入していれば、葬祭費が支給されます。勤務先で健康保険・労災保険に加入していれば、埋葬料、葬祭料が支給されます。

・埋葬費(国保)は役所(市民課)で申請。

・埋葬費(健保)、葬祭費(労災)は故人の勤務先は社会保険事務所に依頼。


生命保険等の受け取り

生命保険などの手続きは、通常2ヶ月以内に手続きを行います。3年以内に手続きをしなければ権利は 消滅します。故人が加入していた保険については、証書や領収書でよく確認して手続きを行いましょう。


本位牌・仏壇の準備

忌明けまでに本位牌を準備します。仏壇はできれば法要までに購入して、開眼供養も合わせて営みます。


忌明け法要

・自宅の場合僧侶をお迎えに行くか車代を用意致します。
・施主は礼服または略礼服を着用し数珠を持ちます。
・法要は、一同着席、施主の挨拶、読経、焼香、法話の順に進められます。
・法要の後、会食(お斎)に移ります。席順は僧侶を主座に親戚 ・故人と親しかった順に並び、施主及び家族は末席に座ります。
・引き物や、お供物を分けてお渡しします。
・僧侶にお布施をお渡しします。


相続の協議と名義変更

故人の遺言があれば、それに従って遺産を分割しますが、遺言がない場合は相続人の話合いによって遺産を分割します。相続人の話合いがつかない場合は「法定手続き」に従います。

・遺言書のある場合 勝手に開封してはいけません。 遺言書は、公正証書による遺言の場合を除き、家庭裁判所へ持参して、相続人やその代理人の立会いの上で開封します。

・遺言書のない場合 相続人同士の話合いで「遺産分割協議書」を作成します。相続人全員が同意すれば、必ずしも法律に定められた相続の割合に従う必要はありません。

・故人の確定申告所得税の確定申告は、前年1年間に得た所得やその税額を計算して申告し、その計算した税金を納付 する手続きです。勤務する事務所で月々源泉徴収している場合は必要ありません。

・還付手続き  多額の医療費がかかった場合は、税金の控除が受けられます。故人に変わって法定相続人が還付の手 続きを取れば、その年に源泉徴収された税金の一部が戻ってきます。


新盆・一周忌・年忌法要

・お盆
7月13日から16日までの4日間に、祖先の霊を迎えてまつる行事を「盆」といいます。地域によっては、 1カ月遅れの8月(旧盆)にお盆を勤めます。初めて迎えるお盆を「新盆・初盆」といい、普段のお盆よりお飾りやお供えを盛大にします。 仏壇には野菜、果 物、団子などを供えて回転灯篭に火を入れ、灯明をあげます。新盆には離れて暮らす肉親を呼び、 故人の好物料理などを作って供養します。

・一周忌・年忌法要
四十九日の忌明けの後は、百か日法要、その後年忌法要となります。亡くなった月日の翌年の同じ月日 に一周忌を行ない、その翌年満2年目に三回忌を行ないます。



今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

知って役立つ葬儀便利帳
葬儀関連姉妹サイト

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.