葬儀辞典「ま行」 NPO法人葬儀費用研究会

NPO法人葬儀費用研究会です.お急ぎの方はフリーダイヤルで

緊急の場合は葬儀費用研究会へお電話ください葬儀場の手配・葬儀の場合は、まずお電話ください! 家族葬などの各種葬儀費用をお安く手配できる葬儀費用研究会です。
葬儀費用研究会会員募集中ですSO-KEN会員(こちらから入会できます)

HOME葬儀辞典 > ま行





TOP
・大阪家族葬ドットコム
 (関西 家族葬実例)

・ ・関西版(葬儀費用実例)
式場・斎場
式場・斎場
葬儀便利ノート
葬儀の流れ
葬儀の後手順
葬儀マナー
葬儀辞典
香典
相談
遺言書
相続
会員募集
会員募集
(こちらから入会できます)
お問い合わせとリンク
質問はこちらから
Q&A
リンク集
葬儀費用研究会
組織概要
運営趣旨
活動報告
プライバシーポリシー
地図はこちら
ブログ
代表のブログ
あたふた合掌日記

【関東版】葬儀費用研究会

 

【東 京】家族葬専門サイト


 



まぐまぐ

Powered by

 


「あ行」 「か行」 「さ行」 「た行」 「な行」 「は行」 「ま行」 「や行」「ら行」「わ行」

言葉 意味
埋骨

遺骨を墓に埋めること。

埋火葬許可証

死亡届を役所に提出したさいに火葬許可証が交付され、この書類を火葬場に提出し、火葬がすんだ後に日時を記入して返してくれます。これが埋葬許可証で、埋葬のときまで骨壷といっしょにしておき、なお埋葬許可証は五年間の保存義務があります。埋葬するさいには、寺院、墓地の管理事務所に提出します。

枕飾り

遺体を安置したあとに、遺体の枕元に設置する小さな祭壇。台を置き、その上に線香、燭台、花立てのほか、コップに入れた水、枕団子、一膳飯を飾ります。

枕経

死者の枕元で読経(どきよう)をすること。また、その経。特に、納棺に先立って行われるものをいう。

枕団子

死者の枕元に供える団子。

枕飯

死者の枕元または、墓前に供える、高盛りにした飯。

末期の水

人の臨終に際して、そのくちびるをしめす水。

守り刀

護身用の短刀。脇差し。

廻し焼香

式場が狭いときなどに、参列者がその場で行う焼香の仕方。御盆などに乗せられた香炉が回ってきたら、その場で一礼し、焼香、合掌して隣の人に廻します。

満中陰

人の死後四九日目にあたる日。

曼荼羅

画面に諸仏を描いた図形や象徴的に表した記号を特定の形式で配置し、悟りの世界や仏の教えを示した図絵。

三具足

仏前に置く香炉・花瓶(けびよう)・燭台の三つの法具。

密教

大日如来が自らの悟りのなかで、自らの悟りを楽しみながら説く、奥深い絶対の真理の教え。「大日経」「金剛頂経」などがその代表的経典。仏教の中で特に祈祷を重視し、そのための呪文や儀式を整備している。日本には空海が伝えた真言宗系の東密と、最澄が伝えた天台宗系の台密がある。

名号

仏や菩薩の名。特に阿弥陀仏の名や「南無阿弥陀仏」の六字などをいう。

無縁仏

過去世で自分と縁を結んだことのない仏。

冥土

死者の霊魂が行く暗黒の世界。

冥福

死後の幸福。

木魚

経を読む時にたたく木製の仏具。ほぼ球形で中空、横に割れ目があり、魚の鱗(うろこ)が彫りつけられている。禅寺で合図に打ち鳴らす魚板(ぎよばん)から変化したもの。

沐浴

髪やからだを洗い清めること。

喪主

葬式を営む人。

喪章

人の死をいたむ気持ちを表すために、腕にまいたり、リボンにして胸につける黒い布。

喪中

人の死後、近親の者が喪に服している期間。

喪中はがき

喪中に新年を迎える場合、例年年賀状を出していた相手に前もって年賀欠礼の知らせをすること。喪中はがきを出す人は、喪家の全員と、直系二親等までの遺族。なお結婚して姓がかわった人は必要ないと思われます。また喪中のための年賀欠礼の挨拶状を出さなかった人から賀状をいただいた場合は、松の内を過ぎてから「喪中でしたので、ご挨拶を遠慮させていただきました」というはがきを出すと丁寧です。

喪服

葬儀、法事のときに着用する服をさします。喪服には正式喪服と略式とがあり、立場によって使い分けられます。一般葬の場合、葬儀当日、遺族および親族は正式な喪服を着用し、一般の会葬者は略式も服にするのが決まりですが、現実には喪主も略式で行っているようです。男性の正式洋装喪服はモーニングです。略礼服はブラックスーツです。和服の喪服は黒羽二重の染め抜き五つ紋付に、羽織、袴です。略礼装は、羽織だけは黒羽二重の三つ紋付で、無地や縞の着物に袴をつけます。女性の正式喪服は、黒羽二重かちりめんの染め抜き五つ紋付です。和装の略式喪服は、無地、または地味な小紋の着物に黒の帯、黒の羽織の取り合わせです。正式洋装の喪服は、黒のアフタヌーンドレスですが、黒のアンサンブル、スーツでも差し支えなく、一般によく用いられています。


今さらきけない!葬儀の知識〜So-ken通信〜
詳細はこちらからバックナンバーはこちら
メールマガジン登録
メールマガジン解除

会員募集中です

会員募集

●会員カード発行(24時間相談受付フリーダイヤル入り●「万が一」の時、葬儀場の手配、SO-KEN価格葬儀の企画立案・施行●葬儀場や葬儀関連情報(相続や仏事を含む)の発信●24時間相談受付

line lower

NPO法人(特定非営利活動法人)   葬儀費用研究会(SO-KEN)
〒558-0011大阪市住吉区苅田7-3-4  TEL:06-6696-5942  FAX:06-6692-0786
平成14年4月  事業開始  平成14年12月11日法人設立登記  NPO認証番号 府活第2-231号

Copyright (C) 2003 - 2005 NPO法人(特定非営利活動法人)葬儀費用研究会(SO-KEN). All Rights Reserved.